秘書の平均年収・給料

秘書の平均年収データ

秘書の平均年収

平均年収
261.0万円
(小売・外食・事務 3 位)

秘書の年収概要

秘書は平均年収:261万円となっており、小売・外食・事務(3職種)の中で第3位の年収となっています。

秘書とは

企業や団体の社長や会長など幹部のそばについて、幹部が職務に専念できるように、様々な補助的な仕事を引き受けるのが秘書の仕事です。基本的に幹部よりも早く出勤し、郵便物、FAX、電子メールなどに目を通し、緊急のもの、返事が必要なものなど重要度に応じて振り分けます。幹部のその日のスケジュールを確認し、必要な社内外への連絡・調整を行います。スケジュールに関する社内外からの問い合わせにも対応します。

秘書になるには

短大や専門学校などで秘書の専門教育を受け、または大学などを卒業して、企業や団体に入職し、秘書課などに配属されます。また、一般の職員が秘書として異動することもあります。入職に必要な資格はありませんが、民間の秘書検定が実施されており、秘書としての業務を遂行する知識や能力を持っているか審査されます。

求人データ

秘書関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索