探偵(私立探偵)の平均年収・給料

探偵(私立探偵)の平均年収データ

探偵(私立探偵)の平均年収

平均年収
650.0万円
(その他 3 位)

探偵(私立探偵)の年収概要

探偵(私立探偵)は平均年収:650万円(300〜1,000万円)となっており、その他(5職種)の中で第3位の年収となっています。

探偵(私立探偵)とは

私立探偵の仕事は主に調査と収集した情報の依頼主への提供で、依頼主から頼まれた事柄に調査・提供することで報酬を得る職業です。
調査する範囲は広範囲に渡り、企業の活動に関わる部分から個人の私的な部分まで広範囲です。
調査する事項は大きく4つに分かれ、「経営実態や経済状況の調査」は企業または個人の信用、資産の調査など商取引にあたり取引相手を調べるもの、「個人の調査」は対象となる人物の素行や所在、人材適性などや職歴など人事信用を調べるもの、「民事問題の調査」は裁判の訴訟に必要な資料の収集で、債権債務にからむ調査など民事問題に関係するもの、最後に生命保険や損害保険といった「保険調査」です。

探偵(私立探偵)になるには

私立探偵となるために免許・資格は特に必要とされておらず、また事務所など開業にあたっても特別な資格は必要とされていません。
多いケースとしては調査事務所に就職して技能を習得してから独立するケースで、その場合には入職先として信頼できる会社を選ぶことが重要です。
増加している転職のケースとしては、警察官OBや銀行、保険会社などの調査部にいた人が転職するケースが増加しているとされています。

求人データ

探偵(私立探偵)関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索