精神科医の平均年収・給料

精神科医の平均年収データ

精神科医の平均年収

平均年収
1,500.0万円
(医療 1 位)

精神科医の年収概要

精神科医は平均年収:1,500万円(1,200〜1,800万円)となっており、医療(19職種)の中で第1位の年収となっています。

精神科医とは

さまざまな病気のなかでも、ストレス障害、自閉症、統合失調症、うつ病、不眠症、拒食症、認知症、アルコールや麻薬などの中毒障害など、さまざまな心の病の診察や治療を行うのが精神科医です。
クリニックで勤務する精神科医は、まず、患者と話し合って悩みを聞き、相談にのることから始まり、心理検査などを用いて患者の状態を明らかにしていきながら、患者に合った心理療法を組み合わせて治療を行います。

精神科医になるには

医師国家試験に合格して医師免許を取得することが必須です。
医師の資格を得るためには国家試験に合格することが必要で、そのためにはまず、難しい大学受験を突破して医学部に入学し、同時に実習も行いながら6年間にわたって専門的な知識を身につけます。その後の大学の卒業試験に合格すると国家試験を受験することができ、国家試験に合格することで医師免許が与えられます。
精神科医は常に高い緊張状態のもとで様々な表現・行動をとる患者に接して診察をこなさなくてはならないことも多いことから、それに耐えられる心身の健康と、患者を否定しないあたたかい人格が求められます。

求人データ

精神科医関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索