通訳の平均年収・給料

通訳の平均年収データ

通訳の平均年収

平均年収
700.0万円
(その他 2 位)

通訳の年収概要

通訳は平均年収:700万円となっており、その他(5職種)の中で第2位の年収となっています。

通訳とは

通訳の役割は、異なる言語を使う人たちの間で内容を相互に伝える仕事で、話されている言語を相手方の言語に訳すことが主な仕事です。<br /> 通訳の仕方は大きく3つに分けられ、少人数の人が日常的な話をする場合などに臨機応変に双方の言いたいことを伝える「ad hoc(アドホック)通訳」、話し手がしばらくしゃべり、通訳者がそれまでの分を通訳するやり方で話を進めていく「逐次(ちくじ)通訳」、通訳者が通訳室に入り発言者の言うことをヘッドフォンで聞きながら通訳していく「同時通訳」があります。

通訳になるには

通訳は基本的には実績と能力によって仕事をもらうことができる実力本位の世界であり、特別の免許や資格は必要とされていません。入職までに大学や通訳学校などで通訳養成コースを修了した者が多いとされます。<br /> 資格としては通訳技能検定があり、これに合格して「通訳士」として認定されると仕事に有利になることがあります。<br /> 通訳の仕事は登録する派遣会社からの仕事のあっせんや、知り合いや各種団体から仕事を紹介してもらう方法、または一般募集する企業に応募するといった方法があります。

求人データ

通訳関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索

アクセスランキング