気象予報士の平均年収・給料

気象予報士の平均年収データ

気象予報士の平均年収

平均年収
550.0万円
(その他 4 位)

気象予報士の年収概要

気象予報士は平均年収:550万円となっており、その他(5職種)の中で第4位の年収となっています。

気象予報士とは

気象予報士の仕事は、気象観測データをもとに衛星情報などから天気予報を行い、および解説をします。<br /> 気象庁は基本的には全国的な気象予報を行いますが、甚大な被害が予想される注警報や台風情報など防災情報も予報を行いまず。気象予報士はウェザーキャスターとして、テレビ・ラジオで天気予報情報や防災情報等を解説、伝達します。<br /> 平成5年の気象業務法の改正により民間に気象予報業務を委ねる規制緩和の一環で気象予報士制度が整えられました。これは、事業者による気象現象の予報業務は気象予報士に行わせることが義務付けたものです。

気象予報士になるには

気象予報士となるためには資格と登録が必要です。まずは国家試験である気象予報士試験に合格し、合格後に気象庁長官に気象予報士の登録することで気象予報士となることができます。<br /> ちなみにテレビ等に出演している気象情報のキャスターは気象予報士である必要はないとされていますが、この資格を持っている人は多いようです。

求人データ

気象予報士関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索

アクセスランキング