ゲームクリエイター(プログラマー)の平均年収・給料

ゲームクリエイター(プログラマー)の平均年収データ

ゲームクリエイター(プログラマー)の平均年収

平均年収
522.0万円
(IT・クリエイティブ 2 位)

ゲームクリエイター(プログラマー)の年収概要

ゲームクリエイター(プログラマー)は平均年収:522万円となっており、IT・クリエイティブ(4職種)の中で第2位の年収となっています。

ゲームクリエイター(プログラマー)とは

ゲームクリエイター(プログラマー)は、家庭用ゲーム機や、ゲームセンターに設置されるゲーム機、バソコンや携帯電話等で遊ぶためのゲームソフトを制作する職業です。<br /> ゲームクリエーターの名称やプロジェクトチーム内の担当構成はゲームメーカーや制作会社ごとに異なりますが、大きく分けて次の4つの担当に分けられ、ゲームの構成やシナリオを制作する「ブランナー」、ゲームに登場するキャラクターやアイテム、背景などをCGにより作成する「グラフィックデザイナー」、コンビュータ言語によりキャラクターの動きやゲーム進行のためのシステムを作成する「プログラマー」、ゲームに挿入される音楽や効果音を制作する「サウンド」に分けられます。

ゲームクリエイター(プログラマー)になるには

ゲームクリエイターは学歴は様々で、高卒から専門学校卒、大学卒までが活躍していますが、特別な技能や知識が必要な「グラフィックデザイナー」や「サウンド」には、美術系の大学や専門学校卒業者、音楽大学卒業者が多いとされています。<br /> 一般的な入職経路は、ゲームソフトメーカーまたは制作ブロダクションへの入社ですが、大変人気のある職種のため就職は難しく、そのためある程度の能力が必要とされます。<br /> 豊かな発想力と緻密さが求められる「ブランナー」、コンビュータ言語によるブログラミングに精通していることが求められる「ブログラマー」、「グラフィックデザイナー」は絵やデッサン・描画の能力、「サウンド」は音楽的知識や感性が求められるように、それぞれの分野で求められる資質は異なります。

求人データ

ゲームクリエイター(プログラマー)関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索

アクセスランキング