パイロットの平均年収・給料

パイロットの平均年収データ

パイロットの平均年収

平均年収
1,160.1万円
(旅客・運輸 1 位)
時給換算
6,237
月平均労働時間
155時間
平均月収
847,500
平均年間賞与
1,431,100

年代別年収カーブ

  • 男性

統計元:平成25年度
厚生労働省・賃金構造基本統計調査

年代別年収データ

男性
年代 平均年収(万円) 月給(円) 年間賞与(円)
全体 1,160.7 847,900 1,432,200
20〜24歳 348.0 282,100 95,100
25〜29歳 597.3 464,000 405,400
30〜34歳 792.7 577,700 994,800
35〜39歳 1,090.6 805,500 1,239,800
40〜44歳 1,185.1 851,800 1,629,600
45〜49歳 1,525.5 1,098,400 2,074,200
50〜54歳 1,433.1 1,050,900 1,720,000
55〜59歳 1,378.1 1,049,300 1,188,900

パイロットの年収概要

パイロットは平均年収:1,160.1万円となっており、旅客・運輸(5職種)の中で第1位の年収となっています。

パイロットとは

パイロットとは、乗客や貨物を運ぶための航空機を操縦したり、小型飛行機やヘリコブターを写真撮影や広告宣伝、遊覧飛行などのために操縦する職業です。
大型旅客機は2名(機長と副操縦士)の体制で操縦します。機長は他の乗務員の指揮監督も行いながら、航空機の操縦など飛行についての全責任を負います。副操縦士は機長を補佐として飛行計器類の監視などを担います。また、機長に不測の事態が生じた場合にその職務を引き継ぎます。
小型飛行機では簡単な整備点検もしながら飛行ブランの作成から操縦までを一人で行います。

パイロットになるには

バイロットとして働くためには事業用操縦士の資格が必要とされ、さらに大型旅客機を操縦するには定期運送用操縦士の資格が必要となります。
パイロットのための資格取得にはおもに2つの方法があり、航空会社の試験に応募する方法と航空大学校に入学する方法とがあります。
航空会社に入社後はしばらく地上勤務などで航空会社社員としての経験を積んだうえで所定の訓練を受け、20代後半あたりから副操縦士としての飛行経験を積み、その後昇格して機長となるのが一般的である。
バイロットに求められるのは、どのような事態にも落ち着いて対応できる情緒の安定性と冷静な判断力が重要とされます。あわせて英語で行われる管制機関との交信のために高度な英語力も求められます。

求人データ

パイロット関連の求人情報

jobs by Indeed job search