ネイリスト(ネイル・アーティスト)の平均年収・給料

ネイリスト(ネイル・アーティスト)の平均年収データ

ネイリスト(ネイル・アーティスト)の平均年収

平均年収
165.0万円
(美容・健康 11 位)

ネイリスト(ネイル・アーティスト)の年収概要

ネイリスト(ネイル・アーティスト)は平均年収:165万円となっており、美容・健康(11職種)の中で第11位の年収となっています。

ネイリスト(ネイル・アーティスト)とは

ネイル・アーティストとは、顧客の爪を整え美しく整えるために爪の施術やカウンセリングなどを通して行う職業です。<br /> さらに施術によりお客を楽しませたり、癒しやストレス解消の役割も担います。<br /> ネイルアーティストの仕事はおもに甘皮を処理して爪の表面を磨き形を整え、またはクリームなどを塗る「爪の手入れ」、お客が選んだカラーを塗り、損傷を防ぐためにトッブコートを塗布して仕上げる「色塗り」、フラットアートやエアーブラシアート、3Dアート、エンボスアートなどを行う「アート」、スカルブチュア、ジェルネイル、チッブ&オーバーレイなどにより爪に装着する「エクステンション」、そして割れた爪、痛んだ爪、弱くなった爪などを各種技法で補修する「リベア」に大別される。

ネイリスト(ネイル・アーティスト)になるには

ネイリストになるための技術を習得するには、ネイル専門校で習得するのが一般的である。多くの専門学校では70時間程度から、上級を目指す場合には300時間以上の受講時間をかけることもあります。<br /> ネイリストが活躍できる職場としてネイルサロンや美容室、エステティックサロンなどと職域が広がりつつあるものの、卒業後すぐに働くことは難しいとされています。まずは学校と職場のつながりや、ネイルショッフなどが出す求人に応募して、就職先を探すことになるでしょう。<br /> 美容師やエステティシャンがネイリストのための資格を取る場合もあります。

求人データ

ネイリスト(ネイル・アーティスト)関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索

アクセスランキング