土地家屋調査士の平均年収・給料

土地家屋調査士の平均年収データ

土地家屋調査士の平均年収

平均年収
700.0万円
(住宅・建築・不動産 1 位)

土地家屋調査士の年収概要

土地家屋調査士は平均年収:700万円(400〜1,000万円)となっており、住宅・建築・不動産(8職種)の中で第1位の年収となっています。

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士の仕事には、登記申請手続を法務局の「登記簿」の表題部の記載事項について行う仕事があります。
土地や建物などの不動産はすべて、誰の所有物であるかかが登記簿に登録されています。この登記簿について依頼を受けて申請手続きや審査請求の手続きを行います。この手続は建物を新築・増改築した場合や、土地を分割して土地の面積が変わった場合、土地や建物を分割したり合併した場合などに申請手続または審査請求の手続を行います。
申請のための書類を作成は、測量結果をもとにして事務所などで計算、製図をして図面を作り、これに基づいて作成し、法務局に提出します。

土地家屋調査士になるには

土地家屋調査士となるためには、土地家屋調査士試験に合格したうえで日本土地家屋調査士会連合会に登録し、土地家屋調査士会に入会することで土地家屋調査士の仕事が行えるようになります。この資格取得の試験は、筆記試験と筆記試験合格者には口述試験とで構成されます。ただしすでに測量士、測量士補、建築士の資格を持つ場合は土地及び家屋の調査、測量についての試験が免除されるため、測量士や建築士から転職する人も多いとされています。
この仕事で求められる資質は法律知識はもとより、測量などの屋外での作業が多くを占めるため、専門知識や技術とともに忍耐力や精神力と体力が求められます。

求人データ

土地家屋調査士関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索