歯科医師の平均年収・給料

歯科医師の平均年収データ

歯科医師の平均年収

平均年収
620.9万円
(医療 5 位)
時給換算
3,234
月平均労働時間
160時間
平均月収
498,300
平均年間賞与
229,300

年代別年収カーブ

  • 男性
  • 女性

統計元:平成25年度
厚生労働省・賃金構造基本統計調査

年代別年収データ

男性
年代 平均年収(万円) 月給(円) 年間賞与(円)
全体 657.8 526,100 264,700
20〜24歳 157.4 131,200 -
25〜29歳 450.3 371,300 47,700
30〜34歳 659.7 515,800 407,500
35〜39歳 881.3 677,600 681,700
40〜44歳 875.6 671,500 697,600
45〜49歳 1,822.7 1,492,900 312,300
50〜54歳 840.0 700,000 -
55〜59歳 - - -
女性
年代 平均年収(万円) 月給(円) 年間賞与(円)
全体 572.6 461,900 183,000
20〜24歳 160.8 134,000 -
25〜29歳 299.0 241,400 93,500
30〜34歳 578.2 470,900 131,400
35〜39歳 873.8 723,300 58,400
40〜44歳 677.6 541,400 279,500
45〜49歳 888.0 725,000 180,000
50〜54歳 902.9 629,000 1,481,100
55〜59歳 - - -

歯科医師の年収概要

歯科医師は平均年収:620.9万円となっており、医療(19職種)の中で第5位の年収となっています。

歯科医師とは

虫歯や歯のまわりの病気を治療するほか、虫歯予防の指導にあたる仕事です。いったん虫歯になると薬では治すことができないため、患部を削り、金属をつめるなどの処置を施します。または歯を抜いて義歯を入れることもあります。
大学病院では、専門分野に分かれて教育、研究、治療に取り組みます。ほかに学校歯科医、保健所で公衆衛生活動に取り組む歯科医師、歯の矯正を専門に行う歯科医師もいます。

歯科医師になるには

大学で6年間歯学について学んだ後に歯科医師国家試験に合格し、1年以上の臨床経験を積む必要があります。卒業後でも2年程度大学に残って研究し、その後2年から3年程度、病院や歯科医院で勤務医として働きながら経験を積み、開業するのが一般的です。
または資格の有無だけでなく、患者の人権を尊重しコミュニケーションが十分とれる人柄であることや、冷静さ、注意力、判断力をもっていること、手先が器用であることなどが求められます。

求人データ

歯科医師関連の求人情報

jobs by Indeed job search