現場監督の平均年収・給料

現場監督の平均年収データ

現場監督の平均年収

平均年収
385.0万円
(住宅・建築・不動産 6 位)

現場監督の年収概要

現場監督は平均年収:385万円(210〜560万円)となっており、住宅・建築・不動産(8職種)の中で第6位の年収となっています。

現場監督とは

いわゆる現場監督と呼ばれる土木施工管理技士とは、土木工事に当たり施工計画を立案したり、工事の現場で指揮管理を行う職業です。土木工事に当たり作業手順を作成したり、工事日程の調整や工期の設定、資材や機械の手配をしたり、工事費の工数等を検討します。工事が工期が早く安全かつ高品質のものができるように最適な施工計画を立案することが求められます。

現場監督になるには

土木施工管理技士となるためには資格を取得する必要があります。この資格には1級と2級があり、2級はさらに土木と鋼構造物塗装、薬液注入に分かれてきます。このうち1級土木施工管理技士は、すべての土木工事において主任技術者や監理技術者として業務に当たることができます。この土木施工管理技士検定試験は一般財団法人全国建設研修センターが試験運営を行っており、1級と2級共に学歴や実務経験年数により細かく受験資格があるのかどうかが規定されています。

求人データ

現場監督関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索

アクセスランキング