裁判官の平均年収・給料

裁判官の平均年収データ

裁判官の平均年収

平均年収
917.0万円
(法律・金融 2 位)

裁判官の年収概要

裁判官は平均年収:917万円となっており、法律・金融(9職種)の中で第2位の年収となっています。

裁判官とは

「裁判官」とは最高裁判所長官、最高裁判所判事、高等裁判所長官、判事、判事補、簡易裁判所判事の総称です。裁判官は裁判を担当し、口頭弁論や証拠調べを経て判決・決定を言い渡す職業です。裁判は3種類あり、原告(訴えた側)と被告(訴えられた側)との争いの間に立ち、双方の言い分を判断して法律を適用して判決を導き出す「民事裁判」、検察官によって罪を犯したとして起訴された者(被告人)が、本当に罪を犯したのかを判断し、検察官の求刑に対して検討をし、判決を言い渡す「刑事裁判」、そして「その他の裁判」とがあります。

裁判官になるには

司法試験を突破する<br /> 裁判官となるためには、弁護士や検事と同様に司法試験に合格する必要があり、この試験には受験資格があり、法科大学院に合格して2年(既修)ないし3年(未修)の勉強を経て修了するか、予備試験と呼ばれる試験に合格することで受験資格が得られます。最も難易度が高いと言われる司法試験に合格し、かつその中でも頭脳明晰で人格に優れている人が選ばれる職業であるため、裁判官になるのは非常に難しいと言えます。

求人データ

裁判官関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索

アクセスランキング