行政書士の平均年収・給料

行政書士の平均年収データ

行政書士の平均年収

平均年収
450.0万円
(法律・金融 9 位)

行政書士の年収概要

行政書士は平均年収:450万円(300〜600万円)となっており、法律・金融(9職種)の中で第9位の年収となっています。

行政書士とは

行政書士の仕事はおもに、県庁や市町村役場、警察署など官公署に提出する書類やデータを作成したり、作成した書類を提出する手続き個人や事業主の依頼を受けて代理・代行したりするものです。
行政書士の作成する書類の種類は多く、代表的な手続きとしては、新車を購入した場合、飲食店を始める場合、会社の設立の許可手続き変更手続きなどがあります。

行政書士になるには

行政書士となるためにはまず行政書士の資格の取得が必要で、このためには行政書士試験を受験して合格するか、弁護士、弁理士、公認会計士、税理士の資格を持っている場合か、国・地方の公務員や特定独立行政法人、日本郵政公社で一定以上の行政事務経験がある場合に取得できます。この資格を習得したうえで行政書士会に登録・入会することで行政書士となることができます。
行政書士は行政書士事務所に勤務して経験を積んだ上で独立するケースが多いとされています。この場合は行政書士業務以外に土地家屋調査士、司法書士、社会保険労務士など関連した他の資格を取得したうえで兼業することが多いようです。
必要とされる資質は、法令に習熟し権利義務又は事実証明に関する書類についての知識と理解力が必要です。さらに書類の作成が多いことから的確な文書を作成するための文章力も求められます。

求人データ

行政書士関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索