小学校教員・教諭・教師の平均年収・給料

小学校教員・教諭・教師の平均年収データ

小学校教員・教諭・教師の平均年収

平均年収
667.0万円
(教育 4 位)

小学校教員・教諭・教師の年収概要

小学校教員・教諭・教師は平均年収:667.0万円となっており、教育(8職種)の中で第4位の年収となっています。

小学校教員・教諭・教師とは

小学校教員は、小学校て児童が大人になるための基礎的な学力や、体力、人格を形成し、一つの学級の担任として各教科をすべてを教える職業です。
年間計画を児童の成長を考えて立てたうえで時間ごとに教育内容、指導を計画し、教材や教具の準備により各学科の教育や指導をよりよいものとします。
学習指導のほかに、学級経営や学校行事の指導、PTAや地域社会への協力活動なども重要な仕事とされています。

小学校教員・教諭・教師になるには

小学校教員となるためには、文部科学大臣が認定した大学院、大学、短大で小学校教諭免許を取得して、都道府県や政令指定都市の教育委員会が実施する教員採用試験もしくは私立学校の教員採用試験に合格する必要があります。
教員の採用試験には、第一次試験と二次試験があり、一次試験ではおもに筆記と実技、第二次試験では面接が行われます。
小学校教員は、小学校教育全体への理解とすべての教科への専門的な知識や技能、さらに生徒に対する愛情と指導への熱意などが資質とし求められます。

求人データ

小学校教員・教諭・教師関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索