警備員の平均年収・給料

警備員の平均年収データ

警備員の平均年収

平均年収
283.7万円
(保安 4 位)
時給換算
1,238
月平均労働時間
191時間
平均月収
220,000
平均年間賞与
196,700

年代別年収カーブ

  • 男性

統計元:平成25年度
厚生労働省・賃金構造基本統計調査

年代別年収データ

男性
年代 平均年収(万円) 月給(円) 年間賞与(円)
全体 285.6 221,400 199,600
20〜24歳 292.7 225,100 225,900
25〜29歳 336.2 255,200 299,300
30〜34歳 339.4 255,300 330,000
35〜39歳 335.2 251,000 339,900
40〜44歳 323.3 247,700 260,800
45〜49歳 317.9 244,000 250,700
50〜54歳 302.9 232,800 234,900
55〜59歳 280.3 218,500 181,400

警備員の年収概要

警備員は平均年収:283.7万円となっており、保安(4職種)の中で第4位の年収となっています。

警備員とは

イベント会場などの人が多数集まる場所や深夜のオフィスビルなど人目につかない場所、多額の現金を扱う場合などで、事故や犯罪を防止するために警戒や誘導などにあたります。
仕事の内容は、会社の事務所、ビル、スーバー、銀行などでの「常駐警備」、道路工事やビル建設現場、イベント会場などでの「交通誘導警備」、著名人や大企業の役員など要人の身辺の警戒にあたる「身辺警備(ボディガード)」のほか、「貴重品運搬警備」「機械警備」の大きく5つに分けられます。

警備員になるには

警備員として企業に就職したら、まず30時間以上の警備員新任教育を受けます。また、警備員としての知識や能力を評価するために、都道府県公安委員会による「警備員検定」が実施されています。
ただし警備員になるためには様々な制限が設けられています。具体的には、18歳未満の人、成年被後見人や破産者で復権していない人、禁固刑などを受けて執行を受けることがなくなってから5年を経過していない人、暴力団員、アルコール・麻薬中毒者などは警備員になることができません。

求人データ

警備員関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索