社会福祉士(社会福祉施設介護職員)の平均年収・給料

社会福祉士(社会福祉施設介護職員)の平均年収データ

社会福祉士(社会福祉施設介護職員)の平均年収

平均年収
400.0万円
(介護・保育 1 位)

社会福祉士(社会福祉施設介護職員)の年収概要

社会福祉士(社会福祉施設介護職員)は平均年収:400万円(300〜500万円)となっており、介護・保育(6職種)の中で第1位の年収となっています。

社会福祉士(社会福祉施設介護職員)とは

社会福祉士の仕事は、社会福祉施設に入所したり通って利用する人々の世話や話し相手となる仕事で、高齢者であったり障害かにより自立して日常生活を送ることが困難な人などが対象となります。
施設の利用者がより自立した快適な生活を送れるよう援助することが基本的な仕事の内容で、さらには介護の記録をつけたり、報告書や会議を通して関係するスタッフ(指導員、看護師、栄養士、調理員など)と連携をとり、チームワークで仕事を進めます。

社会福祉士(社会福祉施設介護職員)になるには

社会福祉士の仕事につく条件は、老人福祉施設などで働く場合には資格や免許は必要ありませんが、採用時に有利な資格(介護福祉士の資格あるいはホームヘルバー養成課程修了)を保有していることが望ましいとされています。
求められる資質としては、日常生活や心身の機能に困難のある人が多いことで求められるそれぞれの状況についての深い知識と理解が欠かせません。そして、すべての利用者に公平に接することができる能力、介助するための体力、責任感も必要とされます。

求人データ

社会福祉士(社会福祉施設介護職員)関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索