精神保健福祉士の平均年収・給料

精神保健福祉士の平均年収データ

精神保健福祉士の平均年収

平均年収
350.0万円
(介護・保育 4 位)

精神保健福祉士の年収概要

精神保健福祉士は平均年収:350万円(300〜400万円)となっており、介護・保育(6職種)の中で第4位の年収となっています。

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士の仕事は、精神上の障害がある人たちやその家族の人たちがよりよい生活を送ることができるように、日常生活訓練をする施設を紹介したり就職に対するアドバイスを行ったりして援助する仕事です。精神保健福祉士は精神医学ソーシャルワーカー(Psychiatric Social Worker)とも言われることから「PSW」とも呼ばれます。ソーシャルワーカーの国家資格として社会福祉士がありますが、精神保健福祉士は精神障害者に特化して援助を行うのに対して、社会福祉士は福祉全分野を扱うという違いがあります。

精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士となるためには、精神保健福祉士の国家試験に合格し資格を習得する必要があります。これには受験資格があり、福祉系の4年制大学で所定の課程を修了するか、福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1〜2年経験するか、一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学するか、一般の短大を卒業し、実務を1〜2年経験し、一般養成施設に1年以上通学して受験資格を得ます。

求人データ

精神保健福祉士関連の求人情報

jobs by Indeed job search