鍼灸師(はり師・きゅう師)の平均年収・給料

鍼灸師(はり師・きゅう師)の平均年収データ

鍼灸師(はり師・きゅう師)の平均年収

平均年収
525.0万円
(美容・健康 3 位)

鍼灸師(はり師・きゅう師)の年収概要

鍼灸師(はり師・きゅう師)は平均年収:525万円(350〜700万円)となっており、美容・健康(11職種)の中で第3位の年収となっています。

鍼灸師(はり師・きゅう師)とは

はり師は身体のツボと呼ばれる部位を針で刺激します。きゅう師はこのツボを灸(=きゅう)で暖め、人間本来の自然治癒力を高めて病気を治療します。<br /> はり治療には直径0.2mmほどの髪の毛程度の太さの針を用いて、患者の症状に応じてツボを指で探し当てて軽くと叩くようにして瞬間的に皮膚を通過させて治療を行います。この治療は患部以外のその周辺の神経にも刺激を与えることができる治療です。<br /> きゅう治療は、指で患部周辺のツボを探し出して適量のもぐさをのせ、線香の火を移して燃やし、熱の刺激で治療を行います。

鍼灸師(はり師・きゅう師)になるには

この職業として仕事をするために、はり師免許、きゅう師免許を取得する必要があり、このために認定された専門学校や大学・短大ではり・きゅうの技能と知識を習得する必要があります。視力障害者も就業が可能で、この場合には、盲学校や視力障害センターなどで学ぶことができます。<br /> 独立開業には、はり・きゅう治療院などで数年間勤務して実務経験を積んだ後に独立開業する人が多いようです。<br /> 必要な資質としては、治療技術に加えて患者に直接接して治療することから適切なコミュニケーション能力と相手の気持ちを和ませ信頼関係を築く能力が求められます。

求人データ

鍼灸師(はり師・きゅう師)関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索

アクセスランキング