救急救命士の平均年収・給料

救急救命士の平均年収データ

救急救命士の平均年収

平均年収
450.0万円
(医療 13 位)

救急救命士の年収概要

救急救命士は平均年収:450万円(400〜500万円)となっており、医療(19職種)の中で第13位の年収となっています。

救急救命士とは

救急救命士の仕事は、救急車に同乗して病院までの搬送中に心肺停止などの状態の患者に対し医師の指示の下で救急救命の処置を行う仕事です。救急救命士はほとんどが消防官として消防署に勤め、救急隊員として事故や火事の現場に急行します。

救急救命士になるには

救急救命士となるには救急救命士の国家資格が必要です。この試験には受験資格があり、救急救命士法34条で定められた救急救命士養成所で所定の単位を習得した者に受験資格が与えられます。<br /> この資格を習得した後はほとんどの勤務先が消防署であるため、消防官採用試験にも合格することが必要です。

求人データ

救急救命士関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索

アクセスランキング