臨床工学技士の平均年収・給料

臨床工学技士の平均年収データ

臨床工学技士の平均年収

平均年収
625.0万円
(医療 4 位)

臨床工学技士の年収概要

臨床工学技士は平均年収:625万円(450〜800万円)となっており、医療(19職種)の中で第4位の年収となっています。

臨床工学技士とは

医師の指示のもとでさまざまな医療機器の保守点検や管理を行います。人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺などの生命維持管理装置などの医療機器を操作しますが、医療機器の進歩によりその操作や保守点検において高度な知識や技術力か必要となり、1987年に臨床工学技士法が成立されて国家資格となりました。
臨床工学技士は、医療機器の購入から廃棄まで、機器を取り扱ううえでの初めから終わりまでを担う重要な役割です。施設の医療スタッフが使いやすいとする機器を他職種比較・連携して選び、点検・整備、故障に対して修理まですることで、医療スタッフがいつでも安心して使用できるようになります。

臨床工学技士になるには

臨床工学技士になるためには臨床工学技士国家試験に合格することが必要です。高校卒業後、臨床工学技士養成校てなどで専門教育を3年間受けて受験するのが、この受験資格を得るための一般的な道筋です。
そのほか、医療系の学校や医用工学系の大学で必要な専門科目を履修したうえで1年から2年の短期コースを修了するか、または大学指定の科目を修了して卒業することでも受験資格が得られます。
最近では各専門学会の専門認定試験制度が整備されつつあり、人工透析などの血液浄化や人工心肺、人工呼吸器などがあります。

求人データ

臨床工学技士関連の求人情報

powered by  Yahoo!しごと検索